電話・FAXでのお問い合わせ TEL 03-3257-5858 FAX 03-5297-7239
資料請求

 > ガイナQ&A4

Q&A

Q&A

新しい発想から生まれた断熱材だからこそ秘密がいっぱい。

よくあるご質問やお問い合わせの内容をまとめてみました。ご参考にどうぞ。

【ガイナQ&A】 1 │ 2 │ 3 │ 4 │ 5 
Q31
塗り替えの目安は何年くらいですか?
A
単体でも寿命の長いアクリルシリコン樹脂と特殊セラミックのハイブリッド製品ですので、一般塗料の寿命の2〜3倍の15〜20年は塗膜が持ちます。
Q32
ガイナを塗布して20年経過後に塗り替えることを考える際、何か注意事項はありますか?
A
一般的な水性塗料が塗ってあった場合と全く同じです。高圧洗浄で浮いた部分のみを剥がし、活膜は残したままで構いません。
Q33
塗膜が汚れたら洗えますか?
A
洗えます。洗う際はスポンジかウェスに水か中性洗剤を浸み込ませて軽くこするようにご使用ください。高圧洗浄や固いデッキブラシなどの使用はご遠慮ください。
Q34
塗布面が傷ついたとき補修できますか?
A
補修できます。
タッチアップ用にガイナを冷暗所に保管していた場合は、固まった部分を取り除いたのちに撹拌し、使用してください。ただし納品より3ヶ月以上過ぎていた場合は、この方法で何か問題が生じても弊社では責任を負いません。
タッチアップ用のガイナが残されていない場合や、保管していたガイナが分離等してしまっていた場合は新たにご注文をいただくことになります。お客様の注文の色番号はこちらで控えておりますので、ご安心ください。
Q35
作業をするにあたり、安全上の注意点はありますか?
A
目や口に入らぬよう、防護マスクや防護メガネの着用をお願いしております。また夏場に屋根に塗られる際は、太陽光の反射が強いので、必要であればサングラスを着用して作業してください。
天候の崩れが予想されるときは、降雨が予想される3〜4時間程度前には塗装作業を切り上げて下さい。
気温が5℃以下のときは乾燥が促進しませんので塗装をお控えください。
その他の注意事項も含めた施工マニュアルを用意しております。必要であれば塗装店あるいは弊社までお申し付けください。
Q36
道具は何を使って塗れば良いのですか?
A
特に塗装工具を選びません。ハケ、ローラー、コテ、塗装用各種ガン等を状況に応じて使い分けてください。
Q37
希釈量の目安を教えてください。
A
刷毛・ローラー:0〜1,500cc/14kg缶 ガン吹き:0〜3,000cc/14kg缶
※塗装する時期、気温、湿度、対象の温度によって変動いたします。
 一度に多量に水を入れずに少しずつ足してその度に撹拌をし、塗りやすさを試してください。
 希釈しても、塗布量は規定面積で使用して下さい。
Q38
どのような刷毛を使えば良いのですか?
A
豚毛のラスター刷毛をお勧めします。
Q39
どのようなローラーを使えば良いのですか?
A
できるだけ平坦に仕上げたい場合は、短毛あるいは中毛のウールローラーをお勧めします。
逆にある程度凹凸があることが望ましい場合は砂骨ローラーやマスチックローラーをご使用ください。
Q40
どのような塗装機を使えば良いのですか?
A
コンプレッサータイプもエアレスタイプも使えますが、温風低圧塗装機をお勧めします。
スプレーガンも特に制限はございません。リシンガンやカップガンなど、お持ちになっているものをお使いになってください。自在ノズルになっているものが便利だと思われます。
なお弊社ではロスが少なくミストも少ない温風低圧ガンをご紹介できます。ご入用でしたらお気軽にお問い合わせください。
【ガイナQ&A】 1 │ 2 │ 3 │ 4 │ 5 

資料請求