電話・FAXでのお問い合わせ TEL 03-3257-5858 FAX 03-5297-7239
資料請求

 > ノン結露の効果

ノン結露

ノン結露の効果

ノン結露で結露発生を軽減!

試験日時:平成13年2月3日 13時00分〜20時30分

試験場所:東京都板橋区 株式会社日進産業 実験室

試験者:株式会社日進産業 石子達次郎

実験方法:
下記の箱内に氷水(1℃)を入れ、室温23℃、
湿度75%(夏場の冷蔵庫の出入り付近の条件)の室内に放置し結露発生状況を試験する。
実験装置:
4側面外側の各面に塗布したPP樹脂の箱
(100×100×100mm)使用。

1.ガイナ 0.8mm塗布

2.一般結露防止塗 0.8mm塗布

3.ノン結露 0.8mm塗布

4.無垢

1 2 3 4
ガイナ 一般結露防止塗料 ノン結露 無垢
5 変化なし 変化なし 変化なし 水滴発生
25 水滴発生 水滴が流れる
150 水滴が流れる 結露
175 水滴発生
200
250 水滴が流れる 湿潤雰囲気
300 相当量の水滴 相当量の水滴 結露発生せず 相当量の水滴

特記事項:上記条件にて 200分実験しても3.ノン結露塗布面にまったく結露発生の兆候が現れなかった為、200分を経過した段階で周囲の湿度を82%に上げて試験を続行しました。

ノン結露による結露実験

実験装置下部にて、電熱器にてお湯を沸かし、上部観察室の気象状況を室温40℃、湿度99%の自然界では稀に見る過酷な状況を再現。この環境下にノン結露を塗布したビニールコップと無垢のビニールコップに氷水を入れ、結露発生状況を観察します。

※ビニールコップはアウトドア用品の結露の出にくい二重コップを使用しました。
※氷水は0度に冷やしたアイスノンを使用。

  • ノン結露塗布コップ
  • 無垢のコップ
実験開始30分
実験結果

実験開始直後に無垢のコップは結露の発生が見られ、写真の様に無垢のコップは水滴で水浸しになったが、ノン結露を塗布したコップは結露による水滴が一切発生しませんでした。

ノン結露の性能がどれほど優れているかがよくわかる実験結果であります。

資料請求